シャンガンはこう思う

こちらは、「中国留学徹底ガイド-瀋陽編-」の管理人シャンガンのブログです。いろいろなテーマに対してシャンガンが思ったことを書いていくつもりです。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PR] 台湾師範大留学

日経新聞の1面に出ていた記事なのですが、なぜなのだろうと数日考えていても的を得た答えが浮かばなかったので思わずブログに書いちゃいます。

まず、内容はこうです。





家電買い替え早まる
内閣府今年調べ  景気回復、消費けん引



家電の買い替えまでの平均期間

             05年     06年
<短くなった商品>
冷蔵庫         10.5  →  10.4
洗濯機          9.0  →   8.7
掃除機          7.4  →   7.0
エアコン         10.3  →   10.2
カラーテレビ       9.4  →    9.1
ビデオカメラ       6.6   →    6.5
DVDプレーヤー     4.6  →   4.3

<長くなった商品>
デジタルカメラ       2.9  →  3.2
パソコン          4.3  →  4.5
携帯電話         2.4  →  2.6
(注)単位年数
 
by 2006年4月30日(日)  日本経済新聞1面より


本文の重点部分だけ一部抜粋すると

景気回復で消費者の買い控えが揺るみ、購入を早めているのが主因。今年に入って家電への消費の支出は前年を大きく上回っており、個人消費をけん引しつつある。
また買い替え理由を見ると、故障でやむなく買い換えた世帯の割合が低下し、積極的に買い換えた姿勢がうかがえる。





確かに、景気回復で買い替えサイクルが早まるのは分かる。
しかし、なぜデジカメパソコン携帯電話の買い替えが長くなるのだろう?う~ん、なぜだろう?  (ー_ー)!!

素人考えでは、むしろもっとも手が出しやすい商品のような気がするのだが...。また、携帯電話だけを取り上げてもいよいよワンセグが始まり、ドコモ販売「予想以上」、KDDI(au)に関しては「初期生産分が完売しあわてて増産した」なんて言われているぐらいなのに。



たぶん、この辺の市場(マーケット)の裏の意味を理解できないから株式投資のパフォーマンスも向上しないんだろうな....。


今回ワンセグも含め、携帯関係の記事を掲げているブログを何件か巡りいろいろ勉強させてもらいました。どうも有り難うございます。

読者の皆さんの中に、こうなんじゃないのと言う意見や理由付けありましたらどうぞ教えてください。



いかがでしたか、多少は参考になりましたか?
       ↓
      なった      いつも応援ありがとうございます。
スポンサーサイト
[PR] 台湾師範大留学

テーマ:不思議な出来事 - ジャンル:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。