シャンガンはこう思う

こちらは、「中国留学徹底ガイド-瀋陽編-」の管理人シャンガンのブログです。いろいろなテーマに対してシャンガンが思ったことを書いていくつもりです。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PR] 台湾師範大留学

みなさんこんばんは!

最近良く「フィッシング詐欺」と言う単語がニュースや新聞で騒がれるようになりましたね。私も言葉の意味自体は認識していたのですが、実際自分がこの手の詐欺に出くわしたことがなかったので、具体的にイメージが湧きませんでした。むしろどんな手口なのかな、そんなに巧妙なのかな、俺は大丈夫だよなんて漠然と考えていました。

そんなのほほんとしたうららかな陽のさす日常に、突然その魔の手が襲い掛かってきたのです。なんと、アマゾン社(と偽る所)から英文宛のメールが届いたのです。とりあえず、実際届いたメールをコピーすると下記のようになります。参考に一読して見てください。






受信日時    2006年4月10日 12:59
送信者     Amazon Security
宛先      (無記名)
件名      Fraud Alert


***Urgent Fraud Prevention Group Notice***


You have received this email because we have strong reason to believe that your Amazon account had been recently compromised. In order to prevent any fraudulent activity from occurring we are required to open an investigation into this matter. To speed up this process, you are required to verify your Amazon account by following the link below.


http://www.amazon.com/exec/obidos/flex-sign-in/
(To complete the verification process you must fill in all the required fields)


Please Note: If your account informations are not updated within the next 72 hours, then we will assume this account is fraudulent and will be suspended. We apologize for this inconvenience, but the purpose of this verification is to ensure that your Amazon account has not been fraudulently used and to combat fraud.


We appreciate your support and understanding, as we work together to keep Amazon a safe place to trade.

Thank you for your attention on this serious matter. We apologize for any delay in resolving this situation.


Regards,


Amazon.com
Investigations Team




Please do not reply to this e-mail as this is only a notification. Mail sent to this address cannot be answered.
Amazon.com treats your personal information with the utmost care, and our Privacy Policy is designed to protect you and your information.
Copyright © 2005 Amazon.com All Rights Reserved.





こんなメールを急にもらってまず思ったことは、中国語でさえ最近忘れかけているのに、英語なんてもう抜け落ちちゃっているじゃんという事です。しかもアマゾンと言えば、全く身に覚えがないわけでもないので一行一行読むしかありません。しんどいな。

確かに別サイトでアフリエイトの一環としてアマゾンのアカウントを取得して広告を掲載しているのですが、何で私のような小粒サイトに、しかも英文で送信されてくるのか、何か違反を犯すような大それたことでもしたかなんていろいろ考えちゃいました。

しかし、よくよく考えるとアカウント開設以降それを通じて自分で1冊の本でさえ買ったこともないし、訪問者がCDの1枚でさえ買ってくれた実績がないことが判明。 
がははは! どうだ参ったか! 俺は潔白だ! \(^o^)/
なんて喜びもつかの間、あれ、それひょっとしてそれってだめアフリエイターじゃんという事じゃないですか。  (ToT)


内情はさておきさらに不思議な点は、どうもこのメールはキリル語圏から送信されているような感じです。アウトルックでメールを受信している方はお分かりかと思いますが、メールを開くと画面の一番上に件名とエンコードの選択が表記されるじゃないですか。例えば、

件名/ ○○○ - 日本語(自動選択) 

なんて具合に。ところが、今回のメールは

件名/ Fraud Alert - キリル言語(windows)

と表記。


実に怪しいですね。文章の内容をざっくり訳す(かなり大雑把ですが)とこうなります。
あなたのアマゾンのアカウントを詐欺に不正に利用された可能性があります。詐欺を防止するためにも至急下記のアドレスをクリックして自分のアカウントの確認をしてください。もし72時間以内にあなたのアカウント情報が更新されない場合は、そのアカウントは削除されると言うような内容です。


そのため、早速英文中にあるURLをクリック。するとまさにアマゾン社の管理しているウェブサイトそのもの(のような感じです)。メールアドレスを入力し決定ボタンを押すと、次になんとクレジット番号を尋ねてくるじゃないですか。

さすがに、クレジットカードの入力は変だと思いよくよくURLアドレスを確認するとアマゾン社のドメインではないんですよね。英文中にあるのは本物のアマゾン社のURLなんでしょうが、実際クリック後に誘導される所(ジャンプ先)は別のURLでした。

ちなみにこちら
http://b.in-a.com/%20%20/amazon/index.html

ここまで来るとさすがにかなり黒に近いと言わざるを得ないですね。そのため念のためにアマゾン社(日本支社)に直接メールを出しました。翌日すぐに回答が届きましたので、その内容も添付します。





Amazon.co.jpにお問い合わせいただき、ありがとうございます。

Amazon.co.jpでは、このたびお客様が受信したEメールの件について十分に認識しておりますので、ご安心ください。また、当サイトといたしましても、このようなEメールによる影響やAmazon.co.jpの名前が不正に利用されたことを懸念しており、現在、今回の状況について調査を進めております。

第三者によるEメールのメッセージヘッダの変更や実在するWebサイトのデザインのコピーは比較的簡単に行われる場合があります。そのため、受信されたEメールやそのEメールに記載されているURLは当サイトと関係があるように見えますが、実際のところ、Amazon.co.jpは今回のEメールの送信ならびにそのEメールの内容とは一切関係ございませんので、個人情報を入力なさらないようお願いいたします。

また、Amazon.co.jpではお客様の情報を第三者に販売するようなことは一切行っておりませんのでご安心ください。なお、Amazon.co.jpの名前をかたった第三者がプログラムを利用してEメールアドレスを無作為に作成することがあります。無作為に作成されたEメールアドレスとお客様のEメールアドレスが一致した場合、不審なEメールを受信される可能性が高くなることが考えられます。

Amazon.co.jpの名前で送信されたEメールが実際に当サイトから送られたものであるかどうかがわからない場合で個人情報を変更する際には、そのEメールに記載されているリンクをクリックせず、ブラウザのアドレスバーに
http://www.amazon.co.jp/と直接入力してから「アカウントサービス」にアクセスしてください。当サイトのURLを直接入力していただくことで、Amazon.co.jpとは異なるWebサイトへのアクセスを防ぐことができます。

なお、当サイトでは、セキュリティ上の理由により、すべてのアカウント情報をご確認いただく際にパスワードの入力をお願いしております。

今回の状況につきましては引き続き調査を行いますので、ご安心ください。

このたびは、Amazon.co.jpにお問い合わせいただき、誠にありがとうございました。

お客様のご質問の回答は得られましたか。


誠に申し訳ございませんが、こちらのEメールは配信専用のアドレスとなっておりますため、お問い合わせ等のメッセージを受け付けることができません。恐れ入りますが、上記のリンクから必要情報をお送りください。なお、新規のお問い合わせの場合は、下記のURLからカスタマーサービスにEメールでお問い合わせください。

http://www.amazon.co.jp/contact-us/

Amazon.co.jp
カスタマーサービス

五十嵐





これで決定です。やはりアマゾン社を語るフィッシング詐欺のメールだったんですね。最近は手口もますます巧妙になってきてます。クレジットカード番号のみならず、銀行口座のパスワードだって尋ねるものもあるでしょう。

本日は、かなり文章が長くなってしまいました(管理人もかなり熱くなってます)が、第三者の無辜の市民がこのような詐欺で泣かないよう、少なくとも私のホームページやブログを楽しんでみてくれる人がこのような詐欺で悲しまぬようにと思い体験談を掲載してみました。
どうぞみなさん気をつけてください。
そしてみんなで協力してこのような詐欺を撲滅しましょう!



いかがでしたか、多少は参考になりましたか?
       ↓
      なった
スポンサーサイト
[PR] 台湾師範大留学

コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://ryugakude.blog50.fc2.com/tb.php/22-eaa95465
トラックバック
アフィリエイトページ
儲かるアフィリエイトページを自動でジャンジャン作る!反則スレスレのツール『アフィリエイトビルダー ライセンス無制限(ブログ作り放題プラン)』 (月額 2,980円 別料金)っていうものがあるらしいですね。何事も自動化、無制限が流行ってきていますね。私...
2006/05/02(火) 16:13:22 | メトロン日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。