シャンガンはこう思う

こちらは、「中国留学徹底ガイド-瀋陽編-」の管理人シャンガンのブログです。いろいろなテーマに対してシャンガンが思ったことを書いていくつもりです。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PR] 台湾師範大留学

いよいよ今日でゴールデンウィークが終わってしまいましたね。
みなさんの連休はいかがだったでしょうか?

今回の連休を利用して海外旅行をされた方も多かったと思います。そして、クレジットカード利用された方も少なくなかったのではないでしょうか。

節度をもって利用する分には、クレジットカードは非常に心強い存在だと思います。特に海外にいると、日頃日本で利用している銀行や郵便局がが近くにあるわけではありません。大金を持ち歩くには物騒なので、ちょっとしたショッピングやキャッシングには便利ですね。

その他、付帯条項として海外旅行の際に傷害保険もついています。もちろんカード会社やカードの種類によって条件は違いますが。


これらの三項目(ショッピング、キャッシング、保険)は既に皆さんもご存知の通りだと思うのですが、JCBカードにはユニークな機能として「送金名人」という特典がついています。


この機能を一言で表現すると仕送りです。海外仕送りに威力を発揮します。もちろんちょっとした旅行ぐらいでは、この機能を使うことはないのですが、学生が海外にて留学中なんてケースには非常に便利です。

簡単にフローチャートを示すと、

1.子供にお金がなくてピンチだと両親が知る。
         ↓

2.両親が、JCBのオペレーターに送金(仕送り)金額を伝える。
         ↓

3.依頼後、2~3営業日で留学生の海外受取先口座に着金します。
         ↓

4.親元に「ご利用代金明細」が届き、後日指定口座から自動振り替え。

※この時に生じる送金手数料は、1回につき525円
※JCBカードの自動付帯保険の条件はこちら


ちなみに大手都市銀行と郵便局の送金手数料を揚げると、
みずほ銀行       8000円
三菱東京UFJ銀行   7000円~8000円
三井住友銀行      6000円
郵便局          2500円


他行と比較するとJCB「送金名人」の送金手数料が圧倒的に安いことがわかります。

本家サイト(中国留学徹底ガイド)において中国留学の紹介をしていたので、留学生に少しでも便利な情報を提供しようと今回調査に及んだのですが・・・・・。


だめでした。 残念。 (T_T)

なんとJCBカードの「送金名人」、この機能は利用対象国に中国がまだ入ってなかったんですね。中国に留学される方にとって朗報となれずすいませんでした。こんなおちになってしまいましたが、これからもお役立ち情報を提供していきますので今回は許してください。


ちなみに現時点において(2006/5/7)利用できる対象国は、
アメリカ、カナダ、イギリス、フランス、ドイツ、オーストラリア、ニュージーランド
計7ヶ国。



いかがでしたか、多少は参考になりましたか?
       ↓
      なった      いつも応援ありがとうございます。




スポンサーサイト
[PR] 台湾師範大留学

テーマ:実用・役に立つ話 - ジャンル:趣味・実用
コメント
代行返上と30代,40代の転職
代行返上とは、企業や業界団体などで構成されている厚生年金基金が、国の運営する国民年金の積立金と支給義務を国へ返上することをいう http://gala5.rcrane4law.com/
2008/12/03(水) 05:36:12 | | #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://ryugakude.blog50.fc2.com/tb.php/35-a7284485
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。