シャンガンはこう思う

こちらは、「中国留学徹底ガイド-瀋陽編-」の管理人シャンガンのブログです。いろいろなテーマに対してシャンガンが思ったことを書いていくつもりです。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PR] 台湾師範大留学

日経新聞に、ちょっと目を見張るような記事があったので今日はこれを紹介します。サイト運営者やSEO対策をされている方は参考にしてみてもいいかも。





グーグル、日本で苦戦
閲覧数の伸びヤフー下回る

インターネット検索世界最大手の米グーグルが日本で苦戦している。2005年9月から06年3月にかけて閲覧数の伸びで首位のヤフーを下回り、差を広げられた。閲覧数は広告収入に直結する重要な指標。グーグル日本法人はサービス拡充や営業強化を急ぐ。

インターネット調査会社のネットレイティングスが家庭のネット利用者を対象に実施した調査によると、3月にヤフーの検索サービスを利用した人が見たページ数の合計は、前年9月から12.7%増の22億7千7百93万ページとなった。グーグルは6%増の12億5千2百万80万ページだった。半年前と比較した伸び率で、ヤフーを下回ったのは2003年3月以来。

ヤフーは昨年10月、検索サービスを刷新した効果で閲覧数を伸ばしたとみられる。

ネット広告では、検索で使った言葉に連動した広告を表示する「検索連動型広告」の利用が急速に広がっている。電通は、05年に5百90億の市場規模が06年は26%増の7百54億円になると予測している。閲覧数は検索連動型広告の収益に影響する重要な指標となる。

以下省略

             2006年5月9日  日経新聞13面より




今まで、SEO対策(サーチエンジンオーレ)といえば、グーグルでありグーグルを制するものがネットを制するなんて考えていました。

事実私のブログにしても、ホームページにしてもグーグルを経由の訪問者の方が多かったので個人的にそう思い込んでいました。
また検索エンジン経由の利用者数の比率を分析すると大体こんなころでしょうか。

グーグル:ヤフー:msn = 4:2:1

もっとも訪問者数自体がそれほど多くないので、分析も何もないんですけどね。 泣 (T_T)

しかし、上記の新聞の内容を見るとヤフーのほうが市場シェアーが大きいですね。ヤフーのシェアーはグーグルの約1.8倍ではないですか。

そう考えると、私のサイトはヤフー検索エンジンの対策を怠ってきたか、グーグルの検索エンジン対策がうまくいった結果のどちらかですね。

そこで、再度自分のサイトを見てみると「う~ん」。
どう間違っても後者であるわけはないですね。
あまりにも訪問者が少なすぎる。間違いなく前者ですね。

ヤフーの存在を今まで決して無視してきたわけではないのですが、むしろヤフーの方こそもっと重視しなければならないのではないかとも思いました。

いずれにしても、はっきり言えることはまだまだ勉強不足ですね。
自分の非力さを再認識してしまいました。


さて、ついでですのでこの辺のテーマに詳しいサイトをいくつか紹介したいと思います。SEO対策(検索エンジン対策)において鋭い洞察力を持って筆者自身の見解を述べているサイトです。私ももっと勉強させてもらいます。

検索エンジン考
SEO SEM、アフィリエイトの最適化への方法
アフィリエイトこっそり報告blog(ブログ)


いかがでしたか、多少は参考になりましたか?
       ↓
      なった      いつも応援ありがとうございます。
スポンサーサイト
[PR] 台湾師範大留学

テーマ:ITニュース - ジャンル:ニュース
コメント
プレゼンテーションと30代,40代の転職
プレゼンテーションとは、主に仕事の場面でスライドなどの資料を用いて、聴衆に分かりやすく自分の企画や提案を伝えるコミュニケーション技術のことをいう http://lanceolate.catvtestchips.com/
2008/12/02(火) 03:11:35 | | #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://ryugakude.blog50.fc2.com/tb.php/36-a1918dba
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。