シャンガンはこう思う

こちらは、「中国留学徹底ガイド-瀋陽編-」の管理人シャンガンのブログです。いろいろなテーマに対してシャンガンが思ったことを書いていくつもりです。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PR] 台湾師範大留学

今回は、主食の面で日中文化の違いを述べたいと思います。


みなさん主食と言うと、何を連想されますか?
白いご飯?パン?麺類?

主食と言うぐらいですから、毎日食べるものですよね。
保守的な方ですと、間違いなく白いご飯と言われるかもしれませんね。
白いご飯があってこそ、おかずの味が引き立つと。

そして、ご飯が硬かったりぱさぱさした日には「こんなもん食えるか~!」なんてちゃぶ台フラッシュが飛んできそうですね。(星一徹のように)。

ちょっと話がそれちゃいましたが、この主食の概念が日本と中国でちょっと違います。

日本で白いご飯にパリパリの焼き餃子の組み合わせがあったとします。悪くないですね。ご飯とおかずの名コンビです。
しかし、中国では餃子も主食の一つなんです。そのため、中国人的発想で言うと、ご飯も主食、餃子も主食、そのためおかずが一点もないのかと言う発想になります。


それでは、中国人が主食と見なしているものを紹介します。
ごはん、餃子、シューマイ、麺類、バオズ(肉まんなど)、饅頭などです。
そのため、バオズと麻婆ナスの組み合わせでご飯がなくても、餃子と北京ダックのコンビでご飯がなくても共にOKなんですね。

パン類はどうなのかというと、最近少しづつ主食として根付きつつありますが、やはりまだおやつの域を出ないのでは思います。


それではまた次回お会いしましょう。


いかがでしたか、多少は参考になりましたか?
       ↓
      なった      いつも応援ありがとうございます
スポンサーサイト
[PR] 台湾師範大留学

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報
コメント
小説・エッセイ
小説・エッセイを探すなら http://www.mladickrealty.com/200162/101266/
2008/11/19(水) 08:04:02 | | #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2011/11/25(金) 11:02:12 | | #[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://ryugakude.blog50.fc2.com/tb.php/46-1213d099
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。